高額売却する秘訣

思い入れのある店舗を
少しでも高く売却するには?

業態の中でも1番店舗数が多いとされる業態
そのため、しっかりと準備すれば早期売却が可能です

02

バルの経営者様へ

あなたのお店は高額で売却可能です!

売却といっても物件所有者様が物件自体を売却するわけではありません。
バルを経営し、店舗を運営している方であればどなたでも内装・造作・厨房設備などを、そのまま売却することが可能なのです。
※物件所有者の許可等があります。

バル売却のポイント

バル業態は、駅前立地に限らず利用できる物件が多数あるというのが一つの特徴。近年、様々な特徴をもったバル店舗のOPENが相次ぎ、その人気に火をつけました!!

重飲食はにおい、煙、油の関係でNGであっても、バルなど軽飲食の場合は比較的出店し易いため、好立地の物件はもちろんのこと、多少立地条件が悪くても高額で早期に売却できるケースがあります。

またおしゃれで華やかな店舗によって、建物全体のイメージアップが図れることから、1階でバル業態を営業することを喜ぶ物件所有者様も多くいらっしゃいます。

求められる大きさは様々!

03

経営者こだわりのリノベーションをした店舗や、テーマを持ったこだわりのバルをOPENした物件が多いため、売却する際にも、どのぐらい内装に費用をかけているか、また物件のサイズ感もこの業態は、経営者様の意向によりまちまちなため、売却する際は、大きく反響が分かれてくることが多いようです。

イタリア、スペインなどで軽食喫茶店や酒場のことを指すバルですが、こちら日本でもすっかり定着しました。

本家から派生した『フレンチバル』『和風バル』『魚介バル』『餃子バル』『串焼きバル』『ワインバル』など、料理や国籍を打ち出した個性的バルが増加しています。
油をあまり使わない比較的軽めのフードが多く、
軽飲食に分類されることもあるため、物件所有者様から好まれることが多く、また専門的な調理技術が求められることもないため、出店希望者が多い業態です。

人通りが見込める立地であれば、早期に売却できる可能性があります。

日本ではスペース効率の良いハイチェアや立ち飲みスタイルをとる店舗が多く、サイズも小箱物件がある点、また大箱物件でも独自のコンセプトやテーマに基づく内装が出店希望者のイメージに合うものであれば、改装に掛かる費用が抑えられることにもなるため、スムーズに売却まで進むことも期待できます!

バル退店検討時のおさえたい3つのポイント

  • 出店立地&店内設備

    他の業種にも転用しやすいことが多いバル。その中でもいくつか事前に確認しておきたいポイントはチェックしておきましょう。
  • 店内規模&店内レイアウト

    実は広ければ売却しやすいという訳ではありません。店内のイメージを目的を持って造作したお店は比較的高く売却される傾向にあります。
  •  造作譲渡契約編

    居抜き物件の売却を考える際に把握しておきたい、「リース契約の設備」。売却価格の設定に大きく関わってくる項目です。

上記の高額売却ポイントに当てはまらない経営者様もご安心ください!

上記に挙げた高額売却のポイントは一例にすぎません!

立地や耐久年数、席数など様々なポイントを査定時にチェックさせていただき、満足頂ける価格で買取・売却のお手伝いをさせていただきます。

スケルトン工事などの原状回復工事・解体工事などをしてしまう前に、是非一度ご相談ください。

e店舗.NETが経営者様の高額売却のお手伝いをさせていただきます!

ご相談・査定は完全無料!!
e店舗.NET
店舗の高額売却のお手伝いをさせていただきます!
お電話のお問い合わせは

03-5325-6868 (営業時間 平日9:30〜18:30)

06-4709-6868 (営業時間 平日9:30〜18:30)

> フォームからのご相談はこちらから

最新インフォメーション

> 過去記事一覧

  • 08
  • 1
  • t04
スタッフがリアルタイムで現地状況をレポート中!
ページトップ