ラーメン店退店検討時、ここはおさえたい!

使い勝手は?何人座れる?
テーブル席はあるのか?

ラーメン店退店検討時、ここはおさえたい!
店内規模&店内レイアウト編

小箱でも好まれるラーメン店、レイアウトが他業態などに広く対応できることが何よりも強み。

小箱でも好まれる、ラーメン店

ラーメン店は独立開業者や、10店舗以内の企業が展開していることが多数です。店長(経営者様)と従業員一人で営業しているお店が多く、手ごろな大きさの店舗・店主の目が届く範囲で営業したいというニーズが強いようです。

また、席については、テーブル席がなくカウンターのみの10坪前後のお店が好まれる傾向にあります。

ラーメン店はラーメン店のレイアウト

テナントの面積や形状によっては、店内の設備、客席の配置などを行う際の選択肢が限られております。

現在の状態で導線がしっかりしている配置であれば、次の新規出店希望者様はそのまま利用することができます。

看板と器を変えたらオープンできてしまうこともあり、スケルトンから造作設備を整えるより、造作譲渡で出店した方が初期投資をおさえることが可能となるからです。

 

ご相談・査定は完全無料!!
e店舗.NET
店舗の高額売却のお手伝いをさせていただきます!
お電話のお問い合わせは

03-5325-6868 (営業時間 平日9:30〜18:30)

06-4709-6868 (営業時間 平日9:30〜18:30)

> フォームからのご相談はこちらから

最新インフォメーション

> 過去記事一覧

  • 08
  • 1
  • t04
スタッフがリアルタイムで現地状況をレポート中!
ページトップ