目標11.住み続けられるまちづくりを

目標11「 包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する」

誰もが快適で安心して暮らせることは大切です。そのような環境が整っていると思われる都市部でも、排気ガスで汚れた空気、古くなった建物、大量のごみなど問題は山積みです。自然災害の際でも被害を最小限に抑えて、いち早く復旧できるなど配慮された街づくりを行う必要があります。

自然災害時などに限らず、女性や子ども、高齢者、障がい者、その他さまざまなマイノリティの方などにとっても、安心して住み続けることができる街にしていかなければなりません。飲食店は地域社会の一角です。地域の方々に配慮したお店づくりをしていきましょう。

関連する記事

取材希望・記事掲載のご希望はこちら